専門店だからできるペンダントライト全品無料3年保証

ペンダントライトの選び方

選び方のコツ

照明を吊るす目安
ここでは、ペンダントライトの選び方を説明いたします。

ページ上部へ戻る↑

ペンダントライトとは?

ペンダントライトとは

コードやチェーンで天井から吊り下げる照明器具の事で、
シャンデリアのような全体照明と、
ダイニングテーブル上に吊るす部分照明があります。

シャンデリアの場合、
お部屋全体の真ん中に設置されるためデザインや存在感も楽しむ事が出来ます。

部分照明としては、
ダイニングテーブル上を効率よく照らすために下向きの傘型の照明が多いですが、
現在では、モダンなタイプやインテリアの中に存在感を得られるデザインタイプ、おしゃれで合わせやすさがあるアンティークタイプなどの遊び心をうまく取り入れた様々な形のものが多種類あります。

ページ上部へ戻る↑

ペンダントライトの種類について

ペンダントライトには、
大型の照明小型の照明とで、大きく2種類に分類されます。

大型のものは、1つでダイニング全体の明かりを確保するもの
小型のものは複灯照明としてダイニングテーブル上やカウンターなどで複数で使用するもの
があります。

4,5畳以上のお部屋全体の照明はこちら

レール取り付け用の部分照明用はこちら

ページ上部へ戻る↑

大きさによるメリットやデメリット

大きいペンダントライト
メリット
・明かりが大きく広がる。
・デザイン性の高いシェード形状のペンダントライトが多い。
デメリット
・部屋全体の光を確保するには、室内がうす暗い感じがしてしまう。
・床面に影が大きく出る


小さいペンダントライト
メリット
・ライティングレール(ダクトレール)などを使用して複数灯設置が出来、照度を調節しやすい環境にできる。
・ダイニングテーブルやカウンターなどで、レストランのような適所適照効果を演出する事が可能。
デメリット
・照明器具によっては40W相当の照度しかないものもあるため、広い範囲での単灯照明としての明るさまでは確保ができない。


ページ上部へ戻る↑

ワット、ルーメンの明るさ比較について

ワット数とルーメン数の比較対応表
一般電球で馴染みのある数値ワット(W)と、
LEDで新しく加わったルーメン(lm)の
対応表が上記になります。

※この対応表はあくまでも参考値となり、
※このルーメン数は代表的な値を表記しています。


明るさが100W相当の商品をお探しの方はこちらからお選び頂けます。

ページ上部へ戻る↑

お部屋の広さと明るさについて

ワット数と畳数比較
目安として、
4.5畳の部屋では、約2200ルーメンから3200ルーメン程度の明るさが適照で、
6畳の部屋では、約2700ルーメンから3700ルーメン程度、
8畳の部屋では、 約3300ルーメンから4300ルーメン程度、
10畳の部屋では、 約3900ルーメンから4900ルーメン程度、
12畳の部屋では、 約4500ルーメンから5500ルーメン程度、
14畳の部屋では、約5100ルーメンから6100ルーメン程度が目安とされています。

ダイニング照明は
主に食卓となるダイニングのテーブルの広さと照明の天井からの高さ
テーブル上全体が調度良く照らされる位
調節して頂ければと思います。

ページ上部へ戻る↑

40W、60W、100Wの明るさ比較

40ワット相当/
60ワット相当・100W相当の明るさ比較
明るさ比較例
左から、
40W(485 lm)、60W(810 lm)、100W(1520 lm)の明るさの例です。

※写真は「昼白色」電球でのイメージです。

ページ上部へ戻る↑

電球の色合い(光色)について

電球の光色3種類
光の色合いについて
イメージ写真の左から、
・電球色の照明、
・昼白色の照明、
・昼光色の照明
になっています。

電球色は、ややオレンジ色の暖色系で、
昼白色は、白に近い色を再現していて、
昼光色は、パリッとした色で蛍光灯などで使用されている色です。

ページ上部へ戻る↑

ペンダントライトのデザイン性について

選ぶ上で1番重要な点ですね。
ペンダントライトの形状は好みで選んでいただければと思いますが、
照明の大きさや明るさなどをお部屋の様々なインテリアでもお選びいただければと思います。
シンプル・モダンアンティーク調・レトロスタイル北欧風などのインテリアを基調として)

ペンダントライトのデザインと照らし方について
シェード部分の形状が円柱形ガラス素材デザイン照明などは、
下方向だけでなく天井付近も照らすことも出来ますので、間接的なあかりも楽しむことが出来ます。

また、3灯タイプシャンデリアタイプなどの、
1つの電源タップから複数の電球を備えている多灯の照明器具は、
分散照明などの方法で、別方向への光の分散が可能ですので、お部屋の空間も手軽に演出することが出来ます。

モダンなデザインのドーム型、かたちも可愛らしさがある球形タイプ薄型タイプ、はたまた和モダンスタイルのペンダントライトなど、
様々な形をした物からお部屋の雰囲気・用途に寄ってお好みの形の照明をお選び頂ければと思います。

ペンダントライトの形状一覧はこちらから
形から探すペンダントライト形状検索メニュー


ページ上部へ戻る↑

光の広がり方や明かりが照らす方向

光の広がり方について
※全方向を明るくするものは賑やかな雰囲気にし、
スポットライトのような照明はメリハリが出るのでお部屋の雰囲気を素敵に演出します。

ページ上部へ戻る↑

ペンダントライトを吊るす位置について

照明を吊るす目安
テーブル上から50cm~80cm位を目安に、
テーブル全体を照らす様に設置するとベストです。

・テーブルの形や大きさも配灯で調節すると、
40W位の照明器具でも高さと灯数でバランスを取る事が出来ます。

ページ上部へ戻る↑

ペンダントライトの電球について

電球の種類(LED、蛍光灯、白熱球)

LEDフィラメント電球
クリア電球で白熱灯の様な光源を再現したLED電球。

LED電球
電気使用量が少ないので、節電省エネで寿命も非常に長い。

電球型蛍光灯
白熱灯よりも節電タイプ。点灯直後は少し暗く、規定の明るさになるまでに時間が掛かる。

白熱灯
安価であり光色は1番自然であるとされる。しかし電球自体が発熱し非常に高温になる。

ページ上部へ戻る↑

電球の口金サイズについて

電球ソケットの口金2種類
比較的一般的なペンダントライトにはE26口金の電球が使用される事が多いですが、
ダウンライト照明や小型の照明などにはE17口金タイプの電球がよく使われています。
ペンダントライトでは、少数ですがE11口金の電球も使用されているものもあります。

ページ上部へ戻る↑

LED電球のRa値について

演色性が高いLED電球の特徴
数値が高いほど、
色彩の色味を自然に見せようとする演色性能の指標指数。

食材の色味を引き立たせ鮮やかに見せるため、
視覚や味覚にも効果があります。

・肌の色を自然なままの感じでみせてくれて、
・鮮やかな色の生花や、食卓に並ぶ食材や料理なども自然な色味を表現してくれます。
快晴の日の太陽が照らしてくれる様な自然な色味のあかりを演出する数値です。

ページ上部へ戻る↑

ペンダントライト選び方のまとめ

ダイニングテーブルでペンダントライトを選ぶ際は、
使用するダイニングテーブルなどの広さ
照明シェード形状のデザイン
を基に、

お部屋の雰囲気やご家族の生活スタイルや器具自体の発する明るさなどでお選びいただければと思います。

ページ上部へ戻る↑

ダイニング照明にぴったりのペンダントライト選び・灯数
ダイニング照明にぴったりのペンダントライト選びはこちらから

ペンダントライト基礎知識


シンプル・モダンスタイルのペンダントライト照明 アンティークスタイルのペンダントライト照明 北欧スタイルのペンダントライト照明 ヴィンテージスタイルのペンダントライト照明

ペンダントライトの取り付け方

ペンダントライトの取り付け(設置)方法

ここでは、ペンダントライトの取り付け方法(3種類)を解説します。

ペンダントライトの取り付け方法について
ペンダントの取り付け方法は大きく分けて以下の3つの方法で設置します。

当店fazooでは、その商品がどの取り付けタイプなのか、
商品詳細ページ内にある下記の様なアイコンでわかるようになっています。


例)
商品ページ内のアイコンについて

商品特徴アイコン(取り付け方法別3種類)
簡易取付タイプの表示アイコン ダクトレールタイプの表示アイコン 電気工事取り付けタイプの表示アイコン

一般的に天井に電源プラグ(ページ内※図2のローゼットやシーリング類5種)がついている場合は、
特別な電気工事はせずに、ご自身でのペンダントライト取り付け(設置)が可能です。

配線器具がついている場合
→簡易取り付けタイプのペンダントライトが取り付け可能です。
以下のような形状の電源プラグが天井に設置されているかご確認ください。

※図2 天井電源プラグ(ローゼット・シーリング)5種 天井のシーリング部分について

①簡易取り付け
簡易取り付けタイプの設置方法は簡単です。
下記のような配線器具がついている場所であれば、簡単にワンタッチで取り付け可能です。

簡易取付けタイプの取付方法

設置の際は、天井の電源プラグにひび割れなどがないか1度確認をします。
安全のためブレーカーを落として、
その後、ペンダントライトのプラグを天井へ差し込み、カチッとなるまでひねるだけで設置は完了です。

ダクトレール(ライティングレール)がついている場合
レール取り付けタイプのペンダントライトが取り付け可能です。

商品ページ内の特徴アイコンが、ダクトレールと付いている商品(「レール取り付け」)は、レールへそのまま設置可能です。
※総重量が6kg以上のペンダントライトはレールへ取り付けができない場合がありますのでご注意下さい。

②ダクトレール(ライティングレール)取り付け
ダクトレール(ライティングレール)への取り付けも簡単です。
下記のようなレールがついている場所であれば、ワンタッチで取り付け可能です。

ダクトレールタイプの取付方法

簡易取り付けタイプのペンダントライトでも下記のような変換プラグを使えば取り付け可能です。

③電気工事取り付け
電気工事を必要とする天井部分
配線器具やダクトレールを使用せず、直接ペンダントライトの結線接続をして設置する方法です。
大型の蛍光灯などはこの方法で設置されている場合があります。
電気工事結線における照明器具の取り外しや電気工事タイプのペンダントライト設置、
天井に電源プラグを取り付けたい場合などは、
電器店による「電気工事」施工が必要です。※別途工事施工代がかかります。
高天井のダクトレール(ライティングレール)本体の取り付けやレール自体を直接天井に取り付ける場合なども合わせて、
工事の事、ご不明な点・確認しておきたい事などあればお気軽にご相談くださいませ。

ページ上部へ戻る↑

ペンダントライト基礎知識

ペンダントライトについてのよくあるご質問(Q&A)

よくあるご質問(Q&A)

機能について

Q1:普通の電球とLED電球の違いって何ですか?
Q2:LEDの単位で使われているルーメン(lm)やケルビン(K)、Ra値って何ですか?

取り付けについて

Q3:電球をLED電球に付け替えても大丈夫ですか?
Q4:自分でも取り付け可能ですか?
Q5:多灯で重みがあるものもどんな住宅でも取り付けられますか?
Q6:電気工事取付も一緒にお願いできますか?



Q1:普通の電球とLED電球の違いって何ですか?
A:
LEDは長寿命に設計されていて、40000時間使用できる設計になっています。
これは1日10時間使用しても、約10年使えるという事です。
また、消費電力も白熱電球に比べ、約5分の1~10分の1程度で非常に省エネです。
交換作業が困難な場所の照明にも電球交換が不要になったりするので、高い天井の照明にもおすすめです。


ページ上部へ戻る↑


Q2:LEDの単位で使われているルーメン(lm)やケルビン(K)、Ra値って何ですか?

ルーメン(lm)について
A:

  • ルーメン(lm)は、「明るさ」を表す単位です。
  • 従来は電気の使用量を表すワット数(W)で表示されていましたが、
    LED電球は「定格光束」という光の束の量を表すルーメンを指標としています。

明るさとルーメンの比較表(lm)

ケルビン(K)について
A:

  • ケルビン(K)は、「色の温度」を数値で表した単位です。
  • 電球が発色する「光の色」を表しています。

ケルビン単位図解(K)

Ra値について
A:

  • Ra値(アールエー)は、「演色性」を表しています。
  • 光が物を照らし、くっきり鮮明に自然な色合いを表現している数値です。
    自然光は様々な色(紫・青・緑・赤・黄色など)をバランスよく表現しRa値は100とされ、
    蛍光灯はRa=60程度、LED電球もRa値は60~80で、Ra80以上は演色性能が高いとされます。

LED電球の演色性比較

ページ上部へ戻る↑


Q3:電球をLED電球に付け替えても大丈夫ですか?

A:
交換可能ですが、以下の点にご注意下さい。

  • 電球の口金(E26やE17)が同じものをお選び下さい。
  • 照明のシェード部分にぶつかる可能性がありますので、電球自体の大きさが近いものをお選び下さい。
  • 調光器・調光スイッチをお使いの場合には、調光対応のLED電球をお選び下さい。
電球口金サイズ

ページ上部へ戻る↑


Q4:自分でも取り付け可能ですか?

A:
簡易取り付けタイプかダクトレール取り付けタイプの表記のあるものであれば電気工事を必要としないタイプですのでご自身でも取り付け可能です。
簡易取り付けタイプの表示アイコン ダクトレールタイプの表示アイコン
ご自宅のローゼット部分を必ずご確認ください。
取り付け可能なローゼット画像
簡易取り付け式の取り付け方法

ページ上部へ戻る↑


Q5:多灯で重量があるものでもどんな住宅でも取り付けられますか?

A:
下記のような耳付きの引掛けローゼットであれば10kgまでの重さに耐えられますので問題ございません。
取り付け可能な耳付引掛けローゼット
それ以外のシーリングであれば5kgの重量までとされていますので、天井に木ネジで止める必要がある製品もあります。
取り付け可能なローゼット

ページ上部へ戻る↑


Q6:電気工事取付も一緒にお願いできますか?

A:
はい、取り付け工事もお受けしております。
工事対応範囲は、東京・神奈川・埼玉(一部地域を除く)となります。
また対応地域外の場合でも、提携の工事店をご紹介させて頂きます。
この場合でも、工事説明から見積もり、工事完了まで当店が責任をもってしっかりとサポートさせていただきますのでご安心ください。



この他でペンダントライトについてわからない事がございましたら、お気軽にお問い合わせください!

電話番号:0466-47-9490
受付時間:9:00~18:00(土日祝休み)

ペンダントライト基礎知識

ページトップへ